MENU

パリッとした食感と広がるバターの風味

「るれっと」はパリッとした食感と噛むほどに広がるバターの風味とカラメルの香ばしさが特徴のパイ菓子です。
1960年に先代が考案し、受け継がれて50年余。多くのお客様よりご好評頂いております。

1枚 ¥200

るれっとの名前の由来
rouletto3_02_kodawarirouletto3_03_syoukai

保存料。脱酸素剤は使用しておりませんのでお買い求めの後は、出来るだけお早めにお召し上がり下さいませ。
(15日以内はおいしく召し上がれます。)

るれっと商品一覧

るれっとの独特の食感と風味は1枚1枚手間と時間をかけた「仕込み」と「焼き」から生まれます。特殊な製法で仕込んだパイ生地は厳選されたバターと合わせ、折りと休みを繰り返し一晩寝かせてからさらに折り込みを続け、るれっとは普通のパイの4倍以上の3,000層まで折り込んでいきます。これを成形して1枚ずつ薄く切り分け、窯に入れます。ここでも1枚1枚、伸ばしや裏返しを繰りかえしながら約一時間もかけてしっかりとバターを燃やします。るれっとは焼き加減で風味が変わってしまうデリケートなお菓子なので焼き上げの見極めには特に神経を使います。現在「るれっと」の焼きを任されてる窯番は一人。先代から受け継がれた焼き方を今も変わらず守り続けております。添加物や保存料を使わないのも素材の持ち味を残したいという職人のガンコなこだわりです。

るれっとの独特の食感と風味は1枚1枚手間と時間をかけた「仕込み」と「焼き」から生まれます。
特殊な製法で仕込んだパイ生地は厳選されたバターと合わせ、
折りと休みを繰り返し一晩寝かせてからさらに折り込みを続け、
るれっとは普通のパイの4倍以上の3,000層まで折り込んでいきます。

これを成形して1枚ずつ薄く切り分け、窯に入れます。
ここでも1枚1枚、伸ばしや裏返しを繰りかえしながら約一時間もかけてしっかりとバターを燃やします。
るれっとは焼き加減で風味が変わってしまうデリケートなお菓子なので焼き上げの見極めには特に神経を使います。
現在「るれっと」の焼きを任されてる窯番は一人。
先代から受け継がれた焼き方を今も変わらず守り続けております。
添加物や保存料を使わないのも素材の持ち味を残したいという職人のガンコなこだわりです。

2006.7『Bagel ベーグル』人気料理研究家おすすめナチュラルスイーツ飛石なぎささんのおすすめ2008.1『スーパージャンプ』世界一の皿 「パイ」石原隆司さんの記事2008.11『an・an』GOURMET(グルメット)本上まなみさんのお気に入りで紹介2010.2『カーサ・ブルータス』スイーツ全日本選抜! 一番おいしい甘味を探せ!!にて東京代表スイーツに選ばれました2010.4MISS「ミス」 5月号来栖けい 季節の手土産 「ちょっと懐かしい感じのするクラシックな洋菓子」2011.3『東京メトロニュース50周年記念特別号』日比谷線・八丁堀駅、駅長さんのオススメ2011.5『Casa BRUTUS』おいしいもの日本一!厳選254
2006.7『Bagel ベーグル』
人気料理研究家おすすめナチュラルスイーツ
飛石なぎささんのおすすめ
2008.1『スーパージャンプ』
世界一の皿 「パイ」
石原隆司さんの記事
2008.11『an・an』
GOURMET(グルメット)
本上まなみさんのお気に入りで紹介
2010.2『カーサ・ブルータス』
スイーツ全日本選抜! 一番おいしい甘味を探せ!!
にて東京代表スイーツに選ばれました
2010.4MISS「ミス」 5月号
来栖けい 季節の手土産
「ちょっと懐かしい感じのするクラシックな洋菓子」
2011.3『東京メトロニュース50周年記念特別号』
日比谷線・八丁堀駅、駅長さんのオススメ
2011.5『Casa BRUTUS』
おいしいもの日本一!厳選254
カーサ・ブルータス
an・an