MENU
八丁堀物語

1960年頃の八丁堀はほとんどが木造家屋で、住んでいる人も多く、商店もたくさんありました。魚屋、八百屋、お米屋さんはもちろん自転車屋、おもちゃ屋、おせんべい屋さんにお茶屋さん。うなぎ屋さんは店先で焼いていたので煙がもうもうと辺り一面に漂っていました。勿論、パン屋も何軒もありました。
そして住み易い街でもありました。八丁堀と呼ばれるように街は堀川に囲まれており、出世魚と呼ばれている鯔(いな)が群れをなして泳いでおりよく釣りをして遊んだものでした。
しかし、4年後には東京オリンピックを控え、殆どの堀川は水を干され首都高速道路に変身。
お江戸日本橋の頭上にも高速道路が通るという光景となってしまいました。
その様な1960年、実家の一部を借りて創業。
店舗と工場を合わせて10㎡足らずの狭い場所がブラウンの始まりです。
当時は夜中2時起きして一人で仕込、成形と焼き、パンと洋菓子の全てを手作りでこなしていました。
現在では昔の面影はほとんどなくなり、オフィスビルの立ち並ぶ街となりました。
ブラウンも大きなオフィスビルの中に移り営業しております。
ビルの中に入っても「るれっと」を焼いている時は、辺にバターのいい香りが広がります。
焼きたてパンはお昼頃に上がります。お客様のご来店を心よりお待ちしております。

メッセージ

ブラウンはお菓子の焼色です。
毎日おいしい焼色を届けたいと願って名付けました。
「素材と対話しながら丁寧につくる」
これは創業時から守られてきた言葉です。
その日の天気に合わせて、
素材の状態をよく見ながら
丁寧につくることを日々心がけております。

メッセージ
住所東京都中央区八丁堀2-9-1 秀和東八重洲ビル1F営業時間AM9:00~PM6:30定休日土・日・祝TEL・FAX03-3551-1689e-mailinfo@rouletto.jp駐車場なし(店舗前コインパーキング有)大きな地図で見る
住所東京都中央区八丁堀2-9-1 秀和東八重洲ビル1F
営業時間AM9:00~PM6:30
定休日土・日・祝
TEL・FAX03-3551-1689
e-mailinfo@rouletto.jp
駐車場なし(店舗前コインパーキング有)

大きな地図で見る